釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

その他 ダウンショット

これから初める方からでも解る、冬に向けてのダウンショットリグ!

更新日:

ダウンショットリグの利点。

底を感じながらズル引いて来ると底から少し浮いた状態(リーダーと呼ばれる、フックからシンカーまでの長さにもよります。)をキープしながらワームを泳がせて来ることが出来ます。

また、もしも岩や水草などストラクチャーがありましたら、そのストラクチャーにバスが着いている事があるので、そこで一点シェイクすることが出来ます。

ズル引きアクション。

先ほど、ズル引きしてストラクチャーでシェイクと書きましたが、具体的にどうアクションするか書かせていただきます。

大事なのはボトムを取る(常に底を感じながら引いてくる事)。シンカーの重さが軽くなればなるほど難しくなり軽くなれば簡単に底が解りやすいです。

ラインも関係しますラインが太くなればリグは浮きやすくなりますし、細くなれば繊細に動かせたり繊細なバイトも取りやすいです。

 

それをまずは、テキサスリグのズル引きの様に引いてきて結構です。それが出来るようになったら、ロッドを降ってラインをシェイクする事でズル引いてくる事が出来ます。

シェイクアクション。

先ほど、シェイクして岩やウィードなどのストラクチャーがあればそれに引っ掛けて、シェイク(ロッド操作でラインを降る事)で一点でバスを誘うことが出来ます。

また、引っ掛けて外した時にリアクションバイトでバスがバイトしてくる時もあります。

最後に。

あくまでも、今日書いたブログは、ダウンショットリグの概要の部分で、すこしダウンショットリグに触れた程度です。

これから少しづつ深く書いていこうと思いますので是非、読んでください。

Fishing Intelligence TV 最新動画

Fishing Intelligence TV 最新動画は、O.S.Pプロスタッフの浦川正則プロが極寒の旧吉野川攻略!2日間の釣行を余すことなく解説しながら釣っています。

1日目の攻略から、まさかの2日目の大きな状況変化!

その中で浦川プロは、どう釣りを展開していくのか!?是非、見てください。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-その他, ダウンショット
-,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.