釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

DRT カスタムパーツ

人気のタイニークラッシュ!オプションパーツ解説と上手な収納方法。

投稿日:

曲がらないようなVテール等のしまい方。

筆者は、上の画像の様にVテールをしまっています。純正テールは、ある程度硬く強度があるので変形しにくいのですがVテールは柔らかく変形が気になるのでこうしています。

先ほど、紹介したレインズのマルチパッケージは、Vテールが収まる長さがないので自作です。

これは、縦12㎝で横7㎝のジップロック(100均)にVテールなどのパッケージを切って入れたものです。

これをバックのポケットなどに入れて持ち運んでいます。こうする事で、なるべく変形をさせることなくテールをしまう事が出来ます。

ちなみに、色ごとに分けて使いたい方は、その色に合わせたパッケージを使うと解りやすく収納できますよ。

(色を混合して収納しても筆者は、色移りした事はありません)

タイニークラッシュ!オプションパーツ解説と収納法最後に。

収納に関しては、皆さん色々やり方があると思います。こんな事、面倒だと思う方もおられるかと思います。

ですが、筆者自身はもともと大雑把なのですが、釣具収納に関して実際に釣り場で助かる事が多いです。

実際に釣りをしていない時間を短縮できますし実は、収納一つで釣果も変わる可能性もあるわけですね。

宜しければ、試してみてください。

Fishing Intelligence TV 最新動画

Fishing Intelligence TV 最新動画は、O.S.Pプロスタッフの浦川正則プロが極寒の旧吉野川攻略!2日間の釣行を余すことなく解説しながら釣っています。

1日目の攻略から、まさかの2日目の大きな状況変化!

その中で浦川プロは、どう釣りを展開していくのか!?是非、見てください。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-DRT, カスタムパーツ
-, ,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.