釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

DRT オススメルアー シーズナブル

人気メーカーDRTのスーパーシャトルの特徴と厳寒期の使い方!

更新日:

最も大きな特徴は、大きなカップ形状のヘッド!

スーパーシャトルの大きな特徴としてヘッド形状が少し変わっています。

水を受けるカップ形状のヘッドになっている事で、スイムジグを綺麗にカーブフォールさせることが出来きたりデッドスローに巻くことが可能!

また、早く巻けば水を受けて強い波動を出すことができるので色々なシーンやシーズナブルに対応できます。

DRTのルアーデザイナー白川さんは、正にポッパーを水中で巻いているイメージと表現されていました。

もし、厳寒期に使うなら・・・。

初冬から晩冬にかけて、バスは越冬に入ります。越冬場と呼ばれる深くて水温が安定しやすくも餌を捕食しやすいシャロ―エリアが近いところにいます。

その中でも大きなバスは、大きな栄養分を取るためにシャローに上がってきて捕食をすることが多いですが、ゆっくりなスピードの物にしか反応しないことがあります。

そういった時に、シャトルをデッドスローで巻けばチャンス大です!

(その理由のシーズナブルに関しては、別の記事で書こうと思います)

スーパーシャトルについて最後に!

今回は、特徴と厳寒期のデッドスローについて書かせていただきましたが、最初の方にも書いたように使い方は、かなり色々です。

その中でシーズナブルやシーンに応じて、その時期にスーパーシャトルの使い方なども書いていこうと思いますので是非、読んでみてください。

Fishing Intelligence TV 最新動画

Fishing Intelligence TV 最新動画は、O.S.Pプロスタッフの浦川正則プロが極寒の旧吉野川攻略!2日間の釣行を余すことなく解説しながら釣っています。

1日目の攻略から、まさかの2日目の大きな状況変化!

その中で浦川プロは、どう釣りを展開していくのか!?是非、見てください。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-DRT, オススメルアー, シーズナブル
-, ,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.