釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

HOW TO

秋のバス釣りジャークベイト!リアクションバイト!

更新日:

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』からシーズナルパターンの解説!

前回のブログでは、秋のターンオーバーについてのブログを書かせていただきました。

 

秋のターンオーバー!原理とバスを見つける方法。

 

秋のターンオーバーの時に有効なルアーとしてジャークベイトを選択される方が多いです。

リアクションバイトを狙うことができるルアーとしてオススメできるルアーです。

まずは、代表的なジャークベイトをご紹介させてください。

ルドラ130/OSP

 

フローティングモデルやサスペンドモデルがあり、オーソドックスかつ

とて人気のジャークベイトです。

 

130mmという大きな形はビックミノーとして魚に食わせるのでなく寄せて

アタックさせるイメージでしょうか!このサイズがあるからこそ、濁ったときでも

しっかり効いてくれるルアーです。

 

ヴァルナ110/OSP

 

ルドラなどの130㎜クラスの物では口を使わないハイプレッシャーな状況で

魚を寄せる力などを下げずにかつ、食わせる力をもったジャークベイト!!

 

ただ巻きでも2.1~2.8位のレンジまで潜らせることができるのでオススメ!

 

フェイスシリーズ/エバーグリーン

 

オリジナルサイズの115mmと87mmモデルがあります。

アメリカのバストーナメントトレイルで活躍している清水盛三さんが

季節問わず深い魚を引っ張り上げるイメージで作られたジャークベイトです。

 

レベルミノー/レイドジャパン

 

125㎜クラスのジャークベイト!

飛距離、アクションレスポンス、レンジコントロール3拍子揃ったルアーといえます。

 

ただ巻きでも釣れる上に、軽い力でダートしてくれるので簡単にダートアクションを

作り出すことが出来ます。

秋のジャークベイトの使い方!

沢山ある人気のジャークベイトの中から少しだけジャークベイトをご紹介させていただきました。

では、秋にどういったときにジャークベイトが効くのか!!

 

まずは、通常濁っていないときなどは、ただ巻きや連続ジャーク!

秋の適水温に近いバスは頭が冴え、目が良いとされています。それを騙すにはジャークベイトの様な

細かい波動でスピード感のある巻物や連続ジャークをすることでリアクションバイトを狙えます。

 

ポーズを長めにとるとバスによっては見切られてしまうのでスピード感ある動きがお勧めですね!

例えばただ巻きをしながらジャークを時折混ぜることで、少しチドルようなアクションも演出できます。

雨が降ったときなど。

雨が降ったときなど水温が下がりバスがルアーを追いきれなかったり、バスのポジションが一段深い

所まで落ちてしまうことがあります。そんな時はジャーク&ポーズで食いあげさせる事が出来ますよ!

 

濁ったときも同様にポーズを入れてあげることで気が付いて、そこからジャークでのリアクションバイト

を狙うなど使い方は満載です。

ジャークベイトのレンジコントロール

 

それぞれのジャークベイトにはフローティングやスローフローティング、サスペンドなど

それぞれありますが、フックサイズの交換や板おもりを使うことで浮力をコントロールできます。

フックが3つついている事の多いジャークベイトは3つのフックサイズを上げたり、下げたりするだけ

でもかなり、浮力が上がってきますので、是非試してみてください。

 

秋のシーズン、寒くなってきますがバスの活性は人間が思っているより高いです。

是非、フィールドに出かけてみるのはいかがですか?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-HOW TO
-, , , , ,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.