釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

ジャークベイト

晩秋から初冬にかけて、いよいよジャークベイトの季節。

更新日:

初冬にかけてのジャークベイト。

冬に向けて、水温はどんどん低下していきます。それと共にバスの動きも鈍くなり、越冬場と呼ばれる水温の安定した場所に移動します。

 

ですが、冬といってもブラックバスは、捕食しないという訳ではありませので、必ず補色できるエリアにバスは上がってきます。そこでダートアクションが効いてきます。

 

バスは、捕食したくても動きが鈍くルアーを追ってきにくい事も多いのでポーズを長めに取ることで、ルアーにも追いつくことが出来ますし、ダートした時にリアクションバイトで口を使う可能性は大です。

 

是非、試してみてください。

秋の冷たい雨とジャークベイト。

秋の雨は冷たく水温を一気に下げてしまう可能性があります。変温動物のブラックバスにとって、1度水温が下がれば、すぐに力がなくなってしまいます。

 

そこで、ジャークベイトとしての本領発揮です。

ダートする事でリアクション的にバスを反応させることが出来る上にサスペンドモデル(中層に浮くタイプ)を使えばバスが追ってくるのを待つことが出来ます。

 

この時、重要なのはポーズ!すなわちジャークとジャークの間の時間です。

バスに水温低下でかなりのダメージがあるなら少し長めに、あまりないならポーズを取りすぎると見切られる可能性もあるので、色々試してみてみないといけません。

ジャークベイトの操作方法

フェイス

ただ巻きとストップ&ゴーは、巻くのと止めるだけなので誰でも簡単にできるのですが、ジャークが難しいというイメージが強くジャークベイトに手を出しにくい人が多いというイメージを筆者は、感じています。

 

ですがジャークは、そんなに難しく考える必要はないと思います。まず、簡単な操作方法を書いていくので試してみてください。

①力を抜いて、しっかりとロッドを振る。

②ルアーにテンションがかかった反動でロッドを戻す。(力が入っていないので自然と戻ります。)

③ロッドが戻っている時にラインが緩んでいる事でルアーがダートする。

④ルアーが動かない程度にラインを回収して必要な時間ポーズを取る。

⑤そして、もう一度ジャーク!!

ポイントは、力を抜くことでルアーにテンションがかかった後、素早くロッドを戻すことで、ルアーが引っ張られた後にダートしやすいラインテンションを保てるという部分。

そして、ルアーが動かない程度にラインを回収する事です。

次のページへ >

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-ジャークベイト
-,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.