釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

オススメルアー

ギル系ワーム、フォールはもちろんボトムでも!!

更新日:

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』から今回は

ギル系ワーム、フォールはもちろんボトムでも!をテーマに

ギル系ワームの歴史や使い方を書いていこうと思います。

ギル系ワームとは?

 

ギル系ワームとは、扁平ボディーで、ギルの様な形をしたワームの

相称をギル系ワームと呼ぶのですが、スパイラルフォールするワーム

としてイメージが強い方が多いと思います。

 

スパイラルフォールというのは、ギルネストと呼ばれるギルの産卵場所で

ギルが卵に酸素を送るためクルクルと回る行動で、その動きをまねて

スパイラルフォールが生まれたといっても過言ではないと思います。

よく使われているギル系ワーム!

ハイドアップから発売されているスタッガーワイド!

 

元祖、ギルワームといえばハイドアップのスタッガーワイド!歴史はかなり古く

ここから、ギルワームの歴史が始まったと言われています。良く釣れるギルワーム

として有名なワームです。ハイドアップの地元でもある琵琶湖で絶大な人気を

持っているワームです!!

 

ハイドアップのプロスタッフ、たまらんばい長野さんの動画もご覧ください!

さらに、人気のギル系ワームといえば!

デプスから発売されているブルフラット!

 

こちらもスパイラルフォールするワームとして有名なワームです。

素材は、スタッガーワイドより少し張りがあるイメージです。

 

大きな違いはテールの部分、スタッガーワイドがシャッドテールに対して

水を受けて上下に振るような凹凸のあるテールになっています。

 

些細な違いですが、効く場所や効く状況が変わってくると思います。

 

琵琶湖プロガイド・もっこり白川こと、白川靖さんのブルフラットの動画です。

ギル系ワームの使い方。

使い方は色々ですが、やはり有名なのはスパラルフォール!

クルクルと円を描きながらフォールするアクションです。

 

これは、シンカーや専用ジグを使う事で、フォールする時にワームの広い面が

水を受ける事で、抵抗になって真っすぐ落ちずに回りながら落ちるという

原理になっています。

 

もちろん、専用ジグ、ライトテキサス、ダウンショット、ネイルリグ

ウエイトフックなど、いろいろありますがそれぞれ違う動きをするので

試してみてください。

 

上の画像の様に専用ジグを使うとスパイラルフォールさせて使う事が

できるのですが、スモールラバージグのトレーラーとしても、かなり

有効です。

 

ギルが、ボトムでじっとているように見えたり、少しリフト&フォール

させる事で、一瞬、ギルが逃げる為に散ったようにも見えます。

フットボールジグなどのトレーラーとしても有効ですよ!!

最後に!

多くの中から、この二つをご紹介させていただきましたが他にも

色々なギルワームがあり、あくまでも使い方の一つを書いただけです。

 

それぞれのワームの特徴もアバウトに書いているため、それぞれを

また、書こうと思いますが、いくらギル系ワームとしてギルの形に似ていても

ギルとして使うだけが全てではないと思います。

 

色々な使い方は、何通りもあるので是非試してみてください。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-オススメルアー
-, , ,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.