釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』

新製品

アベンタクローラ―2017スーパーボーン!オリジナルとの違いなど!!

更新日:

オリジナルとの音の違い。

もともとオリジナルのアベンタクローラー自体もガチャガチャと金属音はするのですが、スーパーボーンは塗装されていないのと硬質ボディーなので少し乾いた音のイメージです。

乾いた音というのはオリジナルより軽い音(高い音)で響くイメージです。

その分、使い方の幅も広がると思います。

アベンタクローラーの基本的な使い方。

14ポンド前後のフロロラインを水面からロッドを立てる事でロッドからラインが弛んだ状態になります。

フロロライン自体が重みがあるので、弛んだラインが水面につく力でルアーがこっちに進んできます。

その弛んだラインを巻き取るとう作業がアベンタのデッドスロー巻きです。

スーバーボーンの巻の決定的な違い。

 

塗装分ルアーが軽くなっているので、デッドスローだけでなくスローリトリーブの時の動きが抜群に良くなっています。

ビッククロラ―ベイトがデッドスローだけのイメージになっている今、新たな違いを見る事が出来るのではないでしょうか?

最後に。

今までの、オリジナルのアベンタクローラーやシェルラミネート、今回のスーパーボーンなどそれぞれ違いがあり面白いルアーだと思います。

それぞれ、同じ形のルアーに見えてもタイプは違い、使い分けができるので色々な使い方で楽しんでみてはいかがでしょうか?

Fishing Intelligence TV 最新動画

Fishing Intelligence TV 最新動画は、O.S.Pプロスタッフの浦川正則プロが極寒の旧吉野川攻略!2日間の釣行を余すことなく解説しながら釣っています。

1日目の攻略から、まさかの2日目の大きな状況変化!

その中で浦川プロは、どう釣りを展開していくのか!?是非、見てください。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

514人の購読者に加わりましょう

-新製品
-, ,

Copyright© 釣りの総合情報サイト『Fishing Intelligence』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.